石巻日日新聞

「凪待ち」ポスター公開 背景に日本製紙の煙突

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 5月25日(土) 14時23分
「凪待ち」ポスター

 石巻市が中心ロケ地となった映画「凪待ち」のポスタービジュアルが、6月28日の封切りを前に公開された。主演の香取慎吾さんは中央でうつむき、主人公の郁男が心に抱える闇を表現。また背景には日本製紙石巻工場の煙突が描かれ、石巻市を象徴化している。

 毎日を無為に過ごしてきた郁男は恋人とその娘とともに石巻で再出発しようとする。平穏を取り戻しつつある中、何者かが恋人を殺害。次々と絶望的な状況に襲われ、郁男はギャンブルに手を出してしまう―という物語。

 喪失と再生をテーマとし、“映画史上最も切ない暴力”をうたう本作。ポスターでは全体に強く陰影がかかり、サスペンス色が強く緊張感が漂う。香取さんも従来の明るいイメージとは真逆の表情で、役者としての新境地を印象付けている。

 同市では白煙(水蒸気)を上げる日本製紙の煙突は日常風景の一部だが、ポスター内では主人公のうつうつとした内面を思わせる仕上がりだ。作品はイオンシネマ石巻などで公開される。

タグ:凪待ち
最終更新:5月25日(土) 17時36分

新着記事