石巻日日新聞

コバルトーレ女川 自力残留 事実上消滅 終盤耐え切れず11連敗

ホームで大阪に0―2

石巻市 スポーツ 石巻日日新聞 2018年10月22日(月) 16時02分
ヘディングに強い鵜飼を前線で先発起用したが、ゴールは奪えなかった

 JFL(日本フットボールリーグ)セカンドステージ第11節が20―21日に行われた。後期全敗で最下位のコバルトーレ女川は21日、ホームの石巻市フットボール場に4位のFC大阪を迎えた。互いに無得点のまま引き分けかと思われた終盤、立て続けに失点を許し0―2で11連敗を喫した。この結果、得失点差の状況からあと4試合を残し、自力残留の可能性が事実上消滅。残留へはJ3参入資格を持つクラブの昇格など他チームの状況に委ねられることになった。

 コバルトーレは、これまで途中出場ながら得意のヘディングから得点や好機を生み出してきたDF鵜飼亮多を初めてFWとして先発起用。司令塔の黒田涼太をボランチから本職のトップ下に上げ、ロングボールを鵜飼が納めて、黒田が連携を生み出す戦略で臨んだ。

 前半は互いにシュートまでなかなか持ち込めない固い展開が続いた。しかし35分、コバルトーレにアクシンデントが襲う。攻守の要としてここまで唯一全試合に出場してきた黒田が左ひざの負傷で途中交代。それでもチームは総力戦で戦い、スコアレスで前半を折り返した。

 後半は大阪が攻勢を強める中でもコバルトーレは徹底した守備で防ぎ続けた。しかし、互いに無得点で引き分けかと思われた終了間際の43分、コーナーキックから頭で合わせられ、均衡が破れた。さらに直後の44分にも追加点を許し、立て続けに2失点。終盤まで耐えしのいだだけに悔しい敗戦となった。

 この結果、コバルトーレは残り4試合を残して4勝3分19敗の最下位。降格圏は15―16位の下位2チームであり、コバルトーレと他チームの勝ち点差は15位と3ポイント、13―14位と12ポイント。降格圏脱出は得失点差の関係上、残り全試合を大量得点で勝利する必要があり、自力残留の可能性は事実上消えた。

 一方でJ3参入資格を持つチーム(ヴァンラーレ八戸、FC今治、奈良クラブ)が上位4位以内に入って昇格すれば、その数に応じて降格枠も減少するため、コバルトーレの残留は八戸(2位)と今治(6位)の昇格可否に左右される。仮に両チーム昇格の場合は降格チームはなし。1チームのみの場合は1チームが降格となる。そのため今後は15位の流経大ドラゴンズ龍ケ崎の勝ち点を上回れるかが、残留へ希望をつなぐ鍵となる。

 次節は28日午後1時から、アウェーの三重県東員町スポーツ公園陸上競技場で11位のヴィアティン三重と対戦する。

最終更新:2018年10月22日(月) 16時02分
石巻日日新聞を購読する
石巻市 > 石巻フットボール場
次代への軌跡 「少子高齢化による石巻市の人口減少」
平成17年の合併時に17万人いた石巻市の人口は減り続け、今や14万人ほど。東日本大震災の被害の大きい地域の減少が目立つ。しかし、そうでない地域でも町内会など自治会活動の実働を担う人が高齢化し、継続に支障が出てきている。
※執筆担当記者へご意見、ご感想をお寄せください。
企画連載「次代への軌跡」は、地域の今を未来への軌跡の起点としてとらえ、各分野における課題と思われる事象について、記者一人一人が向き合い、読者の皆様と一緒に考えていくきっかけにしていくコーナーです。
働く人が減るということは、稼いだお金を使う人が減ること。つまり、経済が縮小するということだ。商店の経営環境は厳しくなる。企業のもうけが減れば市の税収も減り、行政サービスが低下するおそれもある。補助金が投入される住民バスや路線バスをはじめ、公共交通は現状のままでの維持が困難になってくる。
施策の実績や進ちょくは毎年度に推進会議などが点検、評価。これはあくまで個別の施策の話であって総合戦略が100%達成できたとしても、人口減少が抑制できる保証はどこにもない。市の担当課は「どんな施策が将来につながるのか、とにかくやってみないと分からない」と話す。
そこで重要になるのが、観光客などの交流人口の拡大。そこに住まなくても他から行き来する人が増えれば街は活性化する。昨今注目されるのは、地域や地域の人々と多様に関わる「関係人口」。震災の支援をきっかけにした交流が広がった石巻市は、受け入れを増やす下地がある。
人口減少しても活力あるまちを目指すべきだろう。人が減るということは、一人一人の活躍の場が広がるということ。個人の仕事や学業に専念するばかりでなく、多くの人がまちづくりや身近な地域の活動に参画していくことを提言したい。

新着記事