石巻日日新聞

女川市場食堂 市場直送でお手頃価格

食堂メニューを一新 刺身や煮魚など豊富

女川町 気になるお店 石巻日日新聞 1月27日(土) 19時55分
直送だけに鮮度抜群の刺身定食。ご飯もすすむ

 女川魚市場内「女川市場食堂」のメニューが一新された。従来のセットメニューに加えて、刺身や焼き魚、煮魚、から揚げなども提供。市場直送の手頃な価格が売りであり、これまで以上に地元と観光客から愛される食堂を目指していく。

 震災前は魚市場と買受人協同組合の共同経営で食堂を営んでいたが、現在は町内に事業所を置く泉澤水産=本社・釜石市=が経営する。三陸の漁場から毎日水揚げされる豊富な魚を使い、熟練の職人たちが食材を仕込む。

 定置網に入った魚が6―7種類乗った「刺身定食」(税込1200円)や「海鮮丼」(1500円)は人気メニュー。サクサクとした衣の食感も楽しめる「天ぷら定食」(1200円)も目を引く。

 イワシをふんだんに使った「いわし丼」(800円)は2月末ごろまでの季節限定品。くじら刺身定食も近々リニューアルされ、ミンククジラの刺身をはじめ、さえずり(舌)、うねす(ベーコン)が味わえる。

 全40席で窓際からは女川港を見渡せる眺望も魅力の一つ。現在は市場の開業日に合わせて営業しているが、観光客への対応として日曜日の営業も検討しているという。

女川湾が見渡せる明るい店内
女川湾が見渡せる明るい店内

 同食堂では「港町ならではの新鮮さと、リーズナブルさが売りです。女川に揚がった海の幸をたくさん味わってください」と話していた。

腕によりをかけて作る従業員の皆さん
腕によりをかけて作る従業員の皆さん

 【お店情報】▽住所=女川町宮ケ崎字宮ケ崎87▽電話=電話0225-53-5585▽営業時間=午前6時半―9時、11―午後2時半。魚市場の休業日に準ずる。

タグ:グルメ
最終更新:1月27日(土) 19時55分
女川町 > 女川魚市場 > 女川市場食堂

新着記事