石巻日日新聞

住吉小の伊藤夢華さん 珍しい「五つ葉」クローバー発見

校庭の草地で1カ月に4本 100万分の1の確立?

石巻市 教育・文化 山口 紘史 2018年5月10日(木) 19時44分
発見した「五つ葉」のクローバーを手にする夢華さん

 子どものころ誰でも一度は探したであろう「四つ葉」のクローバー。諸説あるが、見つかる確率は10万分の1と言われ、この発見率の低さから「見つければ幸せになれる」というジンクスもある。四つ葉を上回る「五つ葉」もまれに見つかることもあるが、発見率は100万分の1。そんな「五つ葉」のクローバーを約1カ月で4本も見つけた女児が石巻市内にいた。住吉小学校4年の伊藤夢華さん(9)だ。

 夢華さんが初めて五つ葉のクローバーを見つけたのは4月中旬。放課後児童クラブの友だちと夕方に校庭で遊んでいた時のことだ。校舎前の草地で四つ葉を探していたところ、変わった形が目に飛び込んできた。

 「何これ!」。

 摘み取ってよく見ると、一般的な四つ葉の中心部からさらに1枚小さめの葉が生えている。「すごい。五つ葉のクローバーだ」。友人や教員、両親にも驚かれたという。父の益伸さん(47)は「私は四つ葉すら見つけたことがない。本当にすごいですね」と目を丸くしていた。奇跡の始まりはここからだった。

 今月2日、放課後に夢華さんはまた校庭の遊具近くで友人と四つ葉を探していたところ、またも夢華さんだけが五つ葉を発見。しかもいっぺんに三本も手にした。これにはさすがに本人も驚きを隠せなかったという。

四つ葉の中心からさらに一枚小さな葉が生え、五つ葉になっている
四つ葉の中心からさらに一枚小さな葉が生え、五つ葉になっている

 採取した五つ葉は現在、夢華さんの家である巴電子商会=同市東中里=の事務所で保管され、花瓶にさして大切に生けてある。

 一説によれば、五つ葉には「財運」「経済的繁栄」などのジンクスがあるというが、当の夢華さんに聞くと「金運とかはよく分からない。でも珍しいクローバーを見つけられてうれしい」と純真な言葉が返ってきた。次に狙うのは「噂でしか聞いたことがないけれど、六つ葉や七つ葉を見つけたい」と目を輝かせた。

 七つ葉のクローバーの花言葉は「無限の幸福」。発見率は2億5千万分の1と途方もないが、夢華さんの探索力なら、いつか見つけることができるかも。「無限の幸福」を地域にもたらす「女神」になることを応援したい。

タグ:住吉小学校
最終更新:5月12日(日) 11時54分
石巻市 > 住吉小学校

新着記事