石巻日日新聞

きょうは穀雨 タケノコすくすく春の味

石巻市飯野の赤間さんの農園

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 4月20日(金) 19時12分
急斜面の竹林では、春の旨みが詰まったタケノコが育っている

 きょう20日は二十四節気の「穀雨」。五穀豊穣をもたらす春の雨が田畑を潤すころとされるが、石巻地方は朝から青空が広がる好天。正午までの最高気温は東松島市で22.1度(正午)と6月下旬並みの汗ばむ陽気となった。

 石巻市飯野の農業赤間克三さん(57)宅の裏山にある約20アールの竹林では、旬を迎えたタケノコ掘りが本格化している。今年は気温の高い日が続いたことで生育が良く、収穫は約2週間早い3月半ばに始まり、最盛期は黄金週間明けという。

 竹林はタケノコが成長しやすいように通年で手間をかけ、環境を整える。もみ殻が敷き詰められた斜面にはタケノコの先端が顔を出し、掘り起こすとぷっくりと身の詰まった姿が現れる。

 竹林ではタケノコ掘りの体験(有料)も行っている。桃生町から訪れた60代女性は「とても新鮮で味も良く、毎年の楽しみ」と話していた。

 また収穫したものは赤間さんの自宅や道の駅「上品の郷」でも売られている。問合せは赤間さん(電話62―1324)まで。

タグ:二十四節気
最終更新:4月21日(土) 12時48分

新着記事