石巻日日新聞

コバルトーレ女川 今季初の公式戦 白星発進 天皇杯県予選

格下SASUKEに2―1辛勝 11日にいよいよJFL開幕

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 3月6日(火) 23時29分
今季チーム初得点は黒田選手(右から2人目)の右足から生まれた

 女川町に本拠地を置くサッカークラブ「コバルトーレ女川」の今季初の公式戦が4日、松島フットボールセンター=松島町=で行われた。第98回天皇杯全日本サッカー選手権宮城県予選会の準々決勝で、昨季の東北社会人リーグ1部で最下位に沈んだ仙台SASUKE・FCと対戦。JFL(日本フットボールリーグ)参入シーズンの初戦は格下を相手に精彩を欠いたが、辛くも2―1で勝利した。準決勝は21日午後1時から、みやぎ生協めぐみ野サッカー場B=利府町=で仙台大学と対戦する。

 コバルトーレは村田達哉新監督の初陣。昨季までは左サイドバックだったDF嶺岸祐介をセンターバックの一角に起用し、主将の成田星矢を中盤左に置くなど配置を変更。新加入組では栃木ウーヴァFCから加入したDF鳥山祥之が右サイドバックで先発入りした。

 試合は5バックを敷き守備に徹する仙台に対し、細かいパスやサイドチェンジで隙を狙う一方的な展開。今季チーム初得点は12分、司令塔のMF黒田涼太の狙い澄ましたフリーキックから生まれた。

 後半もコバルトーレが終始ボールを保持。すると16分、ワンタッチプレーから抜け出したエース吉田圭が冷静に流し込み追加点を挙げた。その後は停滞した流れを変えようと前線に速さと細かいタッチが光る森蔭冬威、武田晃平、そしてJ3のグルージャ盛岡から獲得した井上丈のMF3枚を投入。前への圧力を強めたが、一方で守備陣に乱れが生まれ、カウンターから34分に1点を献上し、2―1での辛勝となった。

 東日本大震災から丸7年となる今週末の11日にはいよいよJFLが開幕する。コバルトーレはアウェーのHonda都田サッカー場=静岡県浜松市=でJFL2連覇中のHondaFCと午後1時から対戦する。

 試合後、村田監督は「苦戦したが勝ち切れたのは収穫。攻守のバランスと判断を考え、良い準備をして次に臨もう」と鼓舞。チーム今季初得点で勝利に貢献した黒田選手は「やはり初戦は難しい。大一番へ気持ちを引き締めたい」と見据えた。

エース吉田選手が冷静に流し込んで追加点を挙げた
エース吉田選手が冷静に流し込んで追加点を挙げた

最終更新:3月7日(水) 23時00分

新着記事