石巻日日新聞

コバルトーレ女川 2市1町の盛り上がり期待 地域CL優勝を報告

選手ら亀山市長を表敬訪問

石巻市 スポーツ 石巻日日新聞 2017年12月15日(金) 19時09分
優勝杯を携え市長室を訪ねたコバルトーレの監督と選手ら

 地元の社会人サッカーチーム、コバルトーレ女川の監督や選手らが14日に石巻市役所を訪ね、亀山紘市長に日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めた全国地域チャンピオンズリーグ(CL)での初優勝を報告した。

 コバルトーレを代表して阿部裕二監督と運営会社の近江弘一社長のほか、26人の選手のうち木内瑛、黒田涼太両選手が市長室を訪問。石巻サッカー協会の高橋靖会長らも同席する中、持ち帰った優勝杯を披露した。

 全国の代表12チームが出場した先月の地域CLでコバルトーレは、4位相当の成績(ワイルドカード)で1次ラウンドを突破。決勝ラウンドでは3連勝(うち2PK勝ち)で頂点に立った。この結果に亀山市長は「粘り強く、総合力で勝ったようなもの」と健闘をたたえ、阿部監督は「全国の強豪が相手で、一つとして楽な試合はなかった」と振り返った。

 来季から挑むJFLはアマチュア最高峰の全国リーグで、その先にプロのJ3がある。木内選手は「技術、体力、メンタルの一つ一つのレベルを上げていかないと通用しないので、(開幕の)3月に向けて準備していく」と目に力を宿した。

 一方、JFLの公式戦は人工芝では開催できないため、チームは本拠地の女川を離れて天然芝のグラウンドがある石巻市などを転戦することになる。

 地元の応援は欠かせず、「2市1町の皆さんが一緒になって、地域の文化として育ててもらいたい」と近江社長。亀山市長は「全国で戦うサッカーチームはこの地域に他になく、子どもたちが自分たちもやれると思うような実績を示してくれたのは大きい」と期待するとともに、「総合運動公園内にトレーニング施設を作っているので、ぜひ使ってほしい」と歓迎した。

最終更新:2017年12月15日(金) 19時09分
石巻市 > 石巻市役所

新着記事