石巻日日新聞

コバルトーレ女川 1年ぶりの白星に歓喜

富士クラブに逆転勝ち

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 6月3日(月) 17時23分
MF野口が逆転弾を突き刺した

 東北社会人サッカーリーグ1部の第3節が2日にあり、ここまで勝利がないコバルトーレ女川は富士クラブ2003=花巻市=とホームの女川町第2多目的運動場で戦った。先制を許すも今季から主将となったDF宮坂瑠と、副主将のMF野口龍也による意地のゴールで2―1と逆転勝利。今季初白星とともに、昨年6月10日以来約1年ぶりの公式戦勝利となり、長いトンネルをようやく抜けた。

 前半には今季初めて先発起用されたFW千葉銀次郎が持ち前のスピードを生かした攻撃でゴールに迫るも、シュートがポストに弾かれるなど好機を決め切れなかった。後半7分にパスミスを奪われ、この日1本だけ許したシュートで失点。だが、コバルトーレは24分にコーナーキックからのこぼれ球を宮坂がボレーで流し込んで同点とすると、34分には野口が逆転弾をねじ込んで2―1で勝利をつかんだ。

 コバルトーレが公式戦で勝利したのは昨年6月10日のJFL第12節以来。ホーム戦での勝利はちょうど1年前の6月2日の角田市での開催以来となり、サポーターからは「1年ぶりの勝利。本当に長かった」と安どの声が聞かれた。

 宮坂主将は「1年間勝てずに申し訳なかったが、これからはホームで全勝する」と意気込み、野口選手も「厳しい戦いの中で応援が力になる」と今後も熱い声援を呼び掛けた。

 コバルトーレは現在、1勝1分1敗の暫定4位。次戦は16日午後1時からホームの同運動場で暫定最下位の秋田FCカンビアーレと対戦する。

最終更新:6月3日(月) 17時23分

新着記事