石巻日日新聞

コバルトーレ女川 7選手の退団を発表

DF木内が退団、木戸は引退

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 1月17日(水) 15時20分

 新シーズンから日本サッカー界アマチュア最高峰のJFL(日本フットボールリーグ)に参戦する「コバルトーレ女川」は16日、退団選手7人を発表した。主力では、絶対的な守備の要として昨季まで4年間プレーした木内瑛選手(27)、現役復帰してサイドバックで躍動した木戸優次選手(27)がチームを去ることになった。

 昨季をもって退団を決めたのは、木内選手、木戸選手、DF照井謙吾選手(27)、FW熊谷紋司選手(26)、FW青柳健汰選手(23)、DF阿部航太選手(25)、DF本郷裕人選手(同)の計7人。このうち木内、熊谷、本郷の3選手は現役を続行する意向だが、他4選手は引退を決めた。

 今季、リーグ戦と全国地域サッカーチャンピオンズリーグの全試合にフル出場し、JFL昇格に貢献した木内選手は出身地の秋田県に戻って選手、さらには指導者の道を歩むことを決断。「一度は挫折しかけたが諦めずにサッカーを続けて良かったと思えたのはコバルトーレのおかげ。この4年間良い時も悪い時もあったが、最後にはサッカー人生最高の喜びを味わうことができた。寂しさもあるが、地元に戻ってサッカーで貢献したい」と語っていた。

最終更新:1月17日(水) 15時51分

新着記事