石巻日日新聞

コバルトーレ女川 副知事にJFL昇格報告

「まずは残留」決意伝える

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 2017年12月27日(水) 17時39分
山田副知事(左から2人目)にJFL昇格を報告した近江代表(左端)、木内選手(右から2人目)、阿部監督(右端)

 女川町を本拠地に活動するサッカークラブ「コバルトーレ女川」の監督、選手らが20日、宮城県庁を訪れ、山田義輝副知事に「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017(全国地域CL)」の優勝と来季からのJFL(日本フットボールリーグ)参入を報告した。

 副知事室には、今季全試合にフル出場した副主将のDF木内瑛選手と阿部裕二監督、運営会社である(有)コバルトーレの近江弘一代表が訪問。山田副知事に全国地域CLの優勝の証しである賞状とトロフィーを披露し、全選手のサインが入ったユニホームをプレゼントした。

 山田副知事は「震災で大変な被害を受けた女川が復興を進める中、JFL昇格は大変素晴らしい。数年後にはJリーグに昇格してまた来ていただきたい」と語り、近江代表は「まずは残留が目標。そしてその次はJ3」とこの先の道筋を伝えた。

 訪問後、木内選手は「地域の明るい話題を提供できるよう、もっともっと全国に女川町を広めることで地域に恩返しをしたい」と意気込みを語っていた。

 コバルトーレは今季、所属する東北社会人リーグ1部を連覇。JFL昇格をかけた全国地域CLで優勝し、悲願の全国リーグ進出を勝ち取った。来季のJFLは東日本大震災から丸7年となる3月11日に開幕する。

最終更新:2017年12月27日(水) 17時39分
石巻市 > 宮城県庁

新着記事