石巻日日新聞

コバルトーレ女川 全国地域CL 決勝ラウンド第2戦VS市原 1―1で再びPK勝ち

MF池田2試合連続のミドル弾 昇格の行方は最終戦へ

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 11月25日(土) 15時22分
2試合連続のPK戦を制して歓喜に沸くコバルトーレイレブン

 日本サッカーのアマチュア最高峰であるJFLへの昇格がかかる「全国地域チャンピオンズリーグ2017(全国地域CL)」の決勝ラウンド第2戦が25日、ゼットエーオリプリスタジアム=千葉県市原市=で行われた。初戦でPK勝利を収めた東北覇者のコバルトーレ女川は、関東王者のVONDS市原FCと対戦。1―1で再びPK戦となり、8人目までもつれるも2連勝を収めた。これにより4チームが昇格の可能性を残したまま26日の最終第3戦を迎えることとなった。

 決勝ラウンドには、各地域リーグ覇者ら12チームが集う全国地域CLの1次ラウンドを勝ち抜いた4クラブが出場。3日間3連戦の総当りでわずか2枠の昇格権を争っている。

 コバルトーレは前日の初戦で、九州王者のテゲバジャーロ宮崎に2―2のPK戦の末に辛勝。対する市原は関西覇者のアミティエSC京都との初戦に臨み、同じくPK戦にもつれ込んだが勝利を逃した。

 関東リーグ1部を制した市原のキープレーヤーは、J1の川崎フロンターレなどでも活躍したブラジル人FWのレナチーニョ。カウンターからの一発を持っているだけにコバルトーレの守備陣も警戒を強めて臨んだ。

 前半、コバルトーレは序盤を優位に進めると、21分、初戦でもボレーシュートを決めたMF池田幸樹がミドルシュートを突き刺して先制。だが、37分に自陣右サイドでフリーキックを与えると、警戒していたレナチーニョに直接決められ、同点で折り返した。

 後半は互いの攻防が激しく入れ替わる展開。コバルトーレは相手の裏を取る攻撃で何度も決定機を生み出したが互いに追加点は生まれず、勝敗は初戦に続きPK戦へ。両チーム5人全員が成功し、サドンデスに突入すると市原の8人目が失敗。コバルトーレは途中出場の主将成田星矢が冷静に決め、2試合連続PK戦勝利をつかんだ。

 成田主将は「俺が決めてやると思っていた。明日は90分で勝ち切りたい」と見据え、阿部裕二監督も「最終戦で勝つだけ」と語った。

 最終第3戦は26日午前10時45分にキックオフ。京都との対戦となり、勝利すればJFL昇格が決まる。

サドンデスの最後のキッカーとして試合を決めた成田主将(左)と守護神GK近嵐選手
サドンデスの最後のキッカーとして試合を決めた成田主将(左)と守護神GK近嵐選手

最終更新:11月25日(土) 17時03分
[PR]
岡埜栄泉
[PR]
カクト鈴木商店
女川町 > 千葉県市原市>ゼットエーオリプリスタジアム

新着記事