石巻日日新聞

コバルトーレ女川 宮崎に先制も逆転負け

全国地域CL2回戦 1―2で惜敗

その他地域 スポーツ 石巻日日新聞 11月11日(土) 14時57分 配信
黒田のコーナーから木戸が先制点を叩き込むも、終盤に逆転された

 JFL(日本フットボールリーグ)昇格をかけた「全国地域チャンピオンズリーグ2017(全国地域CL)」の1次ラウンド第2戦が11日に行われた。初戦で快勝した東北覇者のコバルトーレ女川は、九州リーグ王者のテゲバジャーロ宮崎と対戦した。前半に先制したが、終盤に2失点し、1―2で無念の逆転負けを喫した。この結果、決勝ラウンド進出へは12日の十勝FC戦に勝利した上で他チームの結果を待たなければならなくなった。

 全国の強豪12チームが集結する同大会は、1次ラウンドと決勝ラウンドで争い、上位2チームに昇格権が与えられる。コバルトーレは1次ラウンドで鹿児島県立サッカー場が舞台のCグループに所属。初戦でFC刈谷を2―0で下した。一方の宮崎も十勝FCに4―1で勝利した。

 勝利チーム同士の対決となったこの試合、前半は高さを生かした宮崎のパワープレーに押し込まれる展開が続いた。だが、それを耐えしのいで迎えた41分、MF黒田涼太のコーナーをニアサイドでFW野口龍也が反らし、これをDF木戸優次が叩き込んで先制した。

 後半になるとコバルトーレはパスで相手を翻弄。幾度となく好機を生み出したが、追加点にはいたらなかった。すると試合終盤、それまで決定機のなかった宮崎に再びパワープレーを仕掛けられ、35分と39分に立て続けに失点。まさかの逆転負けで連勝を逃した。

 この日、キャプテンマークを巻いて出場したDF木内瑛選手は「取るべき時に取れないとこうなってしまう。とにかくあとはあす勝つだけ」と悔しさをにじませた。

 この結果、コバルトーレは1勝1敗となり、決勝ラウンド進出へは、12日の十勝戦での勝利が最低条件。その上で同日午後にある刈谷対宮崎の試合で刈谷が勝利し、得失点差で上回る必要が出た。

最終更新:11月11日(土) 18時20分
その他地域 > 鹿児島県立サッカー場

新着記事