石巻日日新聞

コバルトーレ女川 プリメーロに5―0 野口、嶺岸が4試合連続弾

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 9月11日(月) 14時50分 配信
吉田選手のパスに抜け出した嶺岸選手が豪快にシュートたたき込んだ

 東北社会人サッカーリーグ1部の第15節が10日に行われ、あと1勝で連覇が決まる首位のコバルトーレ女川は、敵地の鳥見山公園多目的広場で8位のFCプリメーロと対戦した。好調のFW野口龍也とDF嶺岸祐介が4試合連続ゴールをたたき込むなど5―0で勝利。開幕から掲げてきた「連覇」を完勝でつかみ取った。

 コバルトーレは今節で勝利すればその時点で優勝。負けた場合でも2位の富士クラブ2003=岩手県花巻市=が敗戦すると、残り3試合で勝ち点差が10ポイントに広がるため連覇が決まる条件だった。

 1時間早くキックオフした富士クラブは、試合終了間際の後半アディショナルタイムに先制して勝利。そのためコバルトーレは勝利が今節での優勝への絶対条件となった。

 そのコバルトーレは前半立ち上がりから首位の貫録を見せつけ、4分にMF髙橋晃司が得意の左足でミドルシュートを突き刺して先制。37分にはFW吉田圭のパスに抜け出した嶺岸が豪快なシュートで4試合連続ゴールをマークした。45分にはMF黒田涼太のコーナーキックを相手DFがオウンゴール。ラッキーな形で追加点を挙げ、3―0で折り返した。

 後半は10分に野口がドリブルシュートでこちらも4試合連続得点を記録した。27分にはともに後半途中に出場したMF佐藤明生のアシストからMF國分俊樹が追加点。守備陣も相手に好機を作らせず完封し、5―0で2年連続の頂点をつかんだ。

力強いドリブルシュートでネットを揺らした野口選手
力強いドリブルシュートでネットを揺らした野口選手

 試合後は遠い敵地にもかかわらず駆けつけたサポーター約50人と連覇の喜びを共有。阿部裕二監督と成田星矢主将、さらには今季11得点6アシストで優勝に貢献したエース吉田が胴上げで宙を舞った。

 だが、リーグ連覇で得たのはJFL昇格ではなく、昇格をかけて全国各地域リーグの王者などと戦う全国地域チャンピオンズリーグ(全国地域CL・11月10日開幕)への出場権のみ。昨季はこの地域CLの1次ラウンドで敗退しており、選手たちもそれを肝に銘じているかのようにすぐさま気を引き締めた。

 阿部監督は「ここまでは当然の結果。残り3試合と地域CLまでの期間でしっかりと調整する。同じ目は見ない」と語った。


【次節の対戦】

東北社会人リーグ1部第16節

VS 富士クラブ2003(岩手県花巻市・2位)

9月17日(日)13:00キックオフ

会場:富士大学グラウンド(アウェー)

観戦無料

最終更新:9月11日(月) 15時27分

新着記事