石巻日日新聞

石巻中 祭り明けにゴミ拾い 会場清掃までが川開き

目の届きにくい場所も丁寧に

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 8月2日(水) 16時10分 配信
小さなゴミも見落とすことなく拾っていった

 石巻川開き祭りが明けた2日早朝、石巻市立石巻中学校(志小田美弘校長、生徒268人)は恒例行事である祭り会場の清掃活動を行った。目に付きにくい場所に落ちたゴミにまで気を配り、清掃の仕上げをした。

 生徒たちは午前6時半に石巻小学校の校庭に集合。学年ごとに立町付近、アイトピア通り、その西側に分かれて清掃を開始した。

 今年は祭りの最中から住民らによる美化活動が積極的になされていた。そのため2日は例年に比べて落ちているゴミが少なかったが、生徒たちは植え込みに紛れた空き容器や吸い殻など丁寧に拾い集めていった。

 1年生の阿部暖菜さんと平居睦実さんは「祭り中にはあまり気にならなかったけれど、清掃をしてみると予想以上にゴミがあった。見つからないと思って捨てているのだろうけれど、後で拾う人がいることを考えてほしい」と話していた。

 なお、この日は中心市街地の商店主らでつくる石巻商業研修クラブが同校に分別用ボックスを贈り、集めたゴミの仕分けもサポートした。

最終更新:8月2日(水) 16時10分
石巻市 > 中心市街地

新着記事