石巻日日新聞

石日杯新人少年野球 1―2回戦11試合終了

頂点目指し初戦突破

広域 スポーツ 石巻日日新聞 9月18日(水) 9時10分
コースを見極め、思い切りスイング

 小学5年以下の新チームで競う「第21回石日杯争奪秋季新人少年野球大会」(石巻日日新聞社主催)が14日、東松島市の鷹来の森運動公園で開幕した。石巻地方の野球スポーツ少年団から23チームが出場し、トーナメント戦を繰り広げている。

 初日は、1―2回戦計11試合を実施。山下ビッグバーンズ、広渕クラブ、中津山ツイスターズ、蛇田イーグルス、牡鹿・鹿妻DEER、渡波ジュニア・マリーンズの6チームが準々決勝に進んだ。

 16日にも1―2回戦4試合を予定していたが、雨天で23日に延期となった。日程変更に伴い、23日は当初予定していた準々決勝3試合と準決勝1試合に加え、延期分の1―2回戦4試合も行う。会場は同運動公園。

最終更新:9月18日(水) 9時10分

新着記事