石巻日日新聞

きょうは雨水 石巻北高での栽培佳境

卒業式彩るサイネリア

石巻市 社会 石巻日日新聞 2月19日(火) 14時11分
小中学校の卒業式で飾られるサイネリアの手入れにいそしむ生徒

 19日は二十四節気の雨水(うすい)。雪が雨に変わり、雪解けの始まる頃とされる。石巻市泉町では正午までの最高気温が6.3度(正午)と2月下旬並みであり、暦通り春への足取りを感じさせる一日となった。

 卒業式シーズンが近づく中、石巻北高校では、管内約20校の小中学校の卒業式を彩る2千鉢のサイネリアと1千鉢のプリムラの栽培が佳境。この日もハウス内では食農系列草花専攻の2年生が手入れし、愛おしむように丁寧に枯葉を取り除いていった。

 阿部脩杜さん(17)は「作業は大変だが、花が咲くとやはりきれいでうれしい気持ちになる。思い出の卒業式の彩りに役立てば」と思いを語っていた。

 仙台管区気象台によると石巻地方の向こう一週間は、曇りや晴れの見込みだが、低気圧の影響で雨や雪の降る所もある。最高、最低気温はともに平年より高く、かなり高い日もあるという。

タグ:石巻北高校
最終更新:5月12日(日) 17時02分

新着記事