石巻日日新聞

石巻地方で離任式 釜小 横江校長ら退職、転任

別れの春に感謝の花束

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 2018年3月27日(火) 22時46分
両手に抱えきれないほどの花束に包まれて校舎を後にする横江校長ら(釜小)

 石巻地方の小中高校では新年度を前に人事異動などによる別れの春を迎えている。各校では退職、転任となる教員たちを感謝のもとに送り出す離任式が行われており、27日には石巻市立釜小学校でも児童たちが定年退職する横江信一校長ら11人の教員との別れを惜しんだ。

 式では児童を代表して永沼胡桃さん(5年)と齋藤春花さん(同)が「数え切れない思い出があり、残念な思いと寂しさでいっぱい。本当に今までありがとうございました」と感謝を込めた。横江校長は「先生になって38年。最後の2年間を釜小で楽しく過ごすことができた。皆さんの素直な気持ちと心の込もったあいさつはどこにも負けない。自信を持って優しい気持ちを持ち続けてください」と涙をこらえつつ語った。

 式後には全校児童と保護者らが校庭で感謝の道を作り、先生たちに花束や手紙をプレゼント。教員たちは両手に抱えきれないほどの感謝の花束に包まれていた。

タグ:釜小学校
最終更新:5月12日(日) 11時56分

新着記事