石巻日日新聞

コバルトーレ女川 やった!JFL初勝利 滋賀に1―0

エース吉田のゴール守り抜く

その他地域 スポーツ 石巻日日新聞 3月19日(月) 19時54分
選手全員が豊富な運動量で攻守に貢献した

 JFL(日本フットボールリーグ)のファーストステージ第2節が行われ、コバルトーレ女川は17日、滋賀県の東近江市布引運動公園陸上競技場で昨季年間13位のMIOびわこ滋賀とのアウェー戦に臨んだ。試合開始早々にチーム創設期から所属するエース吉田圭が先制点を挙げると、守備陣がこの1点を死守。完封でJFL初勝利をつかんだ。

 試合は前半開始直後の5分に動いた。MF橋晃司が右サイドから中央に切り込んでゴールを狙い、二度にわたり相手DFに阻まれるも、このこぼれ球を吉田が奪ってそのままネットに突き刺した。

 その後は前半だけで8本のコーナーキックを与えるなど耐える時間が続いたが、後半になると流れは再びコバルトーレへ。20分にMF武田晃平、37分にDF舛沢樹、44分にはMF畑中秀斗を投入し、選手のポジションを柔軟に動かしながら攻守のバランスを維持。1点を守り抜き、1―0で初勝利をものにした。

 値千金のゴールを決めた吉田選手は「レベルの高い中、しかもアウェーで初勝利をつかむことができたのは自信になる。完封にも大きな価値があり今後につながる」と喜びを語り、村田達哉監督も「一生の記憶に残る試合になった」とかみしめた。

 コバルトーレは2節を終えて1勝1敗となり、16チーム中6位につけている。第3節は25日午後1時から、アウェーのKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場=宮崎市=で現在8位のホンダロックSCとぶつかる。

 また、21日午後1時からは第98回天皇杯全日本サッカー選手権宮城県予選会の準決勝にも出場。利府町のみやぎ生協めぐみ野サッカー場Bで仙台大学と対戦する。

最終更新:3月19日(月) 19時54分
その他地域 > 滋賀県 > 東近江市布引運動公園陸上競技場

新着記事