石巻日日新聞

楽天イーグルス報告会 盛り上がった1年に感謝

活躍の岸投手も石巻で スポ少やファンと交流

石巻市 スポーツ 石巻日日新聞 12月6日(水) 15時14分
地元ファンと交流する3選手

 東北楽天ゴールデンイーグルスのシーズン報告会2017が2日、東北6県13会場で開かれた。石巻市でも桃生農業者トレーニングセンターでイベントがあり、岸孝之投手らが地元のファンと交流した。

 楽天は今シーズン、77勝63敗3分の成績でリーグ3位に。クライマックスシリーズでは、西武を下して王者ソフトバンクと対戦したが、2勝3敗と惜敗した。報告会は1年間の応援に対する感謝と、選手とファンのふれあう機会を設けようと球団が毎年開催している。

 石巻市には、今年西武からFAで入団した主戦岸投手のほか、吉持亮汰内野手、岩出山出身の今野龍太投手が訪れた。イベントでは、初めに映像で今シーズンを振り返り、チアチームのエンジェルスがダンスを披露。選手が登場すると大きな拍手が起こった。

 参加者たちはキャッチボールや玉入れ、サイン入りグッズをかけた抽選会などを楽しんだ。中津山ツイスターズで二塁手の佐々木陸さん(中津山第二小6年)は、「憧れの岸選手は迫力があり、近くで見ることができてうれしかった」と興奮していた。

 岸選手は「今年から地元に戻ってプレーし、温かさを感じた1年。来年はもっと期待に応えられるようにしたい」と話していた。

岸投手にとっては初の報告会となった石巻の会場
岸投手にとっては初の報告会となった石巻の会場

最終更新:12月8日(金) 9時17分
[PR]
石巻市 > 桃生農業者トレーニングセンター

新着記事