石巻日日新聞

安野モヨコ原画展開幕 石ノ森萬画館 魅力あふれる少女や女性像

来月23日にはトークライブ

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 10月21日(土) 17時59分 配信
「都会で戦うかっこいい女性」を描いた作品群がずらりと並ぶ

 第67回特別企画展「安野モヨコ原画展PORTFOLIO 1996―2016」が21日から石ノ森萬画館で始まった。会場には安野氏の作品世界の魅力が堪能できる原画が数多く並ぶ。来年1月14日まで開催。

 安野氏は「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品で知られる人気漫画家。昨秋に東京池袋のパルコミュージアムで開催されて以来国内で2回目の展示会となる。

 会場では貴重な生原画を200点以上展示している。「さくらん」コーナーは江戸時代の遊郭をイメージし、赤い格子やふすまから原画を覗ける演出。少女漫画誌に連載した「シュガシュガルーン」では、かわいらしい装飾をメーンにファンタジーな世界観を表現し、作品を知らない人でも魅力を感じられる作りになっている。

 観覧料(常設展示含む)は大人800円、中高生500円、小学生200円、未就学児無料。時間は午前9時―午後6時(12―2月は午後5時まで)。

 1階ショップでは安野氏の限定グッズを販売しているほか、有料入館者は「大人の塗り絵~シリーズパルファム~」が体感できる。3階展望喫茶では安野氏の作品とのコラボメニューを提供している。また11月23日には安野氏のトークライブ&サイン会を実施する。

 問合せは同館(電話0225-96-5055)まで。

最終更新:10月21日(土) 17時59分
石巻市 > 石ノ森萬画館

新着記事