石巻日日新聞

宮城水産高 類型間の連携活動 生徒養殖のクロソイで実習

宮城水産高校(瀧田雅樹校長)で16日、生徒たちが養殖したクロソイを使った調理実習が初めて行われた。生物環境類型の生徒が2年をかけて種苗生産から育成までを行ってきた魚で、調理をしたのは調理類型3年生14人。魚を通して互いの学習内容に理解を深めた。 クロソイは全国の...(続きを読む)
宮城水産高 類型間の連携活動 生徒養殖のクロソイで実習

新着記事