石巻日日新聞

20チーム初戦から熱闘

 第63回石日旗争奪少年野球大会(石巻日日新聞社主催)が15日、東松島市の鷹来の森運動公園で開幕した。圏域の野球スポーツ少年団から20チームが出場し、負けたら終わりの一発トーナメントを展開。深紅の優勝旗を目指し、少年少女球児が熱戦を繰り広げている。


続きをみる

 米軍主催の多国間演習に参加する米軍のF―16戦闘機2機が13日、航空自衛隊松島基地に着陸した。航空祭などを除き、訓練で米軍機が飛来するのは初めて。基地や米軍、東松島市の関係者ら約100人が格納庫前で出迎えた。17日まで各種洋上訓練のため松島基地を離発着する。

駐機場に到着したF―16(午後5時20分ごろ)

続きをみる

 9月の再稼働を目指す女川原子力発電所2号機の安全対策工事完了を受け、東北電力は13日、構内の一部を報道陣に公開した。今後は有事を想定した訓練などを行いつつ来月には原子炉に燃料を装荷。10月ごろの営業運転再開を目指す。女川原発の阿部正信所長は「安全確保を大前提とし、13年ぶりの再稼働へ全力を尽くす」と話した。

防潮堤とは別に、海水の敷地内流入を防ぐ「防潮壁」の前で説明した(東北電力提供)

続きをみる

なぐ野球結実 7月にドーム 都市対決定戦

 第95回都市対抗野球大会東北2次予選に石巻市代表として出場した日本製紙石巻硬式野球部は12日、七十七銀行(仙台市)との第2代表決定戦を9―8で制し、4年ぶり6回目の本大会(7月19日、東京ドーム)出場を決めた。チームは近年、代表決定戦での惜敗が続き、全国の舞台から遠ざかっていた。今年は伊藤大造前監督が7年ぶりに指揮をとり、つなぐ野球を掲げて打線強化を図ってきた。


続きをみる

石巻市 認知症講演会 当事者語る 不安な気持ち

 石巻市は12日、マルホンまきあーとテラスで認知症講演会を開き、介護職員や市民ら約150人が参加した。認知症当事者と支援者によるトークもあり、今年1月にアルツハイマー型認知症と診断された仙台市の安積信政さん(73)が登壇。「支えてくれる家族やケアマネジャーには私の不安な気持ちを特に分かってほしい」と切実な思いを打ち明け、当事者を真ん中に置いたケアプラン作成の重要性を説いた。


続きをみる