石巻日日新聞

 石巻市民合唱団(新田昭夫団長)の65周年記念演奏会が28日、マルホンまきあーとテラスで開かれた。設立初期から指揮者を担ってきた新田団長(89)にとって最後の指揮。現役メンバーやOB、OGら総勢35人が心一つに大合唱し、伸びやかな歌声をホールに響かせ、満員の客席から大喝采を受けた。新田団長は目を潤ませて「こんなにたくさんの方々に聴いていただき感激。今後は歌う側になってステージに立つ」と語り、指揮台を降りた。

 合唱団は、市民有志が集って昭和32年に活動を始め、翌年2月に団として発足。34年3月には初めての発表会を開いた。市内唯一の混声合唱団として石巻中央公民館を拠点に活動。定期演奏会や市内外のイベントなどで歌声を披露してきた。ピーク時は約80人が所属していたが、震災後は団員減少が著しく、現在は25人で活動する。


続きをみる

 密を避けるコロナ禍では、屋外で楽しめるキャンプが老若男女問わず人気だ。昨年は石巻市雄勝町に民設の「雄勝Forestキャンプ場」がプレオープン。初心者にうれしい電源付きのオートキャンプサイトをはじめ、家族向けのコテージ、ソロキャンプの区画もあるほか、バーベキューセットの貸し出しやシャワー設備も整い、気軽に大自然を楽しめる。運営する㈱大槻組の大槻敏也社長は「今の時期は空気が澄み、星もきれい。冬季キャンプも楽しんでみては」と呼び掛ける。

 キャンプ場は、かつて石巻市雄勝森林公園があった場所。震災前は野外活動の場として貸し出され、雄勝の豊かな自然を満喫できるとして評判だった。


続きをみる

 石巻市のイメージキャラクター「いしぴょんず」がサクサクのクッキーになった。同市三ツ股一丁目の洋菓子店「アトリエニコ」(志賀野典子オーナー)が開発し、30日―2月3日に県庁である地場産品の展示・即売会に出す。一つ一ついしぴょん、いしぴぃのキャラクターを手作りしており、高い再現度が目を引く。今後は同店や市内の観光施設などで販売していく。

市長の手紙で製作奮起


続きをみる

 教習所の幅広い利活用を展開している石巻第一自動車学校(佐々木信治校長)=石巻市泉町が、全日本指定自動車教習所協会連合会から表彰を受けた。休校日に施設を貸し出すなど地域のコミュニティーセンターを担っており、全国的にも珍しいこの取り組みが評価された。

職員一同で表彰を祝い、気持ちを新たにした

続きをみる

 父親有志の企画イベント「パパの日~パパたちがつくる子育てひろば~」が22日、石巻市の向陽地区コミュニティセンターで開かれた。父親の積極的な子育て参加を通じ、子どもへのかかわり方を楽しく学んだ。

 NPO法人ベビースマイル石巻(荒木裕美代表理事)主催。石巻市から委託された子育て参加促進事業の一環であり、子育て中の父親ら有志と一緒に企画運営し、主体的に子どもとかかわるきっかけ作りとした。


続きをみる