石巻日日新聞

迫る期待と不安10連休 保育や医療で臨時対応

混乱防止へ連携態勢

広域 政治・経済 石巻日日新聞 4月18日(木) 9時29分

 新天皇即位に伴って今年の黄金週間は4月27日から5月6日まで10連休になる。人手不足の中でサービス業を中心に書き入れ時であったり、田植えの時期であったりと、長い連休がうれしい人ばかりでない。石巻市と東松島市は仕事が休みでない子育て世代のため、期日を設定して一部の保育所と小学生の放課後児童クラブを開設。医療機関は長期の休診を考慮し、連休中の開院日を設ける病院、診療所がある。

◆石巻市役所は5日開庁

 石巻地方2市1町の役所・役場窓口は基本的に閉庁し、夜間・休日受付で従来通り婚姻・出産・死亡などの戸籍に関する届け出ができる。このうち石巻市は5月5日が毎月の休日開庁日に当たっており、午前9時―午後1時に本庁舎の市民課、保険年金課、子育て支援課の窓口を開設する。

 改元日の1日は、記念の日として婚姻届けの提出が増える可能性がある。東松島市役所は同日、混乱を避けるため、市民生活部の部課長も休日・夜間受付(警備室)で対応に当たるという。

◆当番医以外の開院も

 石巻市立病院は4月30日と5月2日を開院日に設定。ほかにも両日を中心に外来診療を受け付ける病院、診療所がある。しかし時間帯や診療科を限定している場合があり、受診を希望する際は各医療機関への問合せや県ホームページでの確認が必要だ。

 日中の急患は、新聞などに掲載している石巻、桃生郡の各医師会による休日当番医が受診できる。夜間は石巻赤十字病院敷地内の市夜間急患センターが内科、小児科、外科の3科を対応。同センターは5月から外科の休日日中の診療も行う。

 歯科は石巻口腔健康センターで休日当番の救急診療を行う。石巻薬剤師会も輪番制で薬局を開けるほか、石巻赤十字病院敷地内の会営休日夜間薬局で対応。周辺の病院の外来診療に合わせて開局する薬局もある。

◆事前申込で児童受入

 石巻市と東松島市は4月30日、5月1、2日の3日間、一部の公立保育所と放課後児童クラブを臨時的に開所する。いずれも事前に申し込みをした保護者のみ利用可能。石巻市は申し込みに応じて各保育所を開所し、放課後児童クラブは中里第一に集約して受け入れる。

 東松島市は受付を締め切り、保育所は4カ所170人、児童クラブは2カ所115人の申請があった。なお連休初日の27日は、2市1町とも通常の土曜保育を行う。

◆ATMが利用可能

 金融機関は、連休中の窓口営業が休みとなり、現金が必要な人は各社や提携金融機関のATMを利用することになる。郵便局窓口は27日午後3時までで以降は郵便、貯金、保険いずれも休み。普通郵便物は27日と2日のみの配達になる。

◆期間前後の混雑注意

 行政や金融機関窓口の休みは年末年始よりも長く、不便する人はいそうだ。一方で連休期間前後は窓口の混雑と長い待ち時間が予想されており、各機関は余裕をもった利用を呼び掛けている。

◆家庭ごみは通常通り

 家庭ごみは2市1町とも通常通りの収集。なお、石巻広域クリーンセンター=石巻市重吉町=への持ち込みは4月30日と5月2日のみ。

◆3市場も臨時開設

 石巻青果市場は10日間のうち臨時開市を含めて5日間開場し、店頭の野菜が不足することはなさそう。魚介類の水揚げもあり、石巻魚市場は4日間、女川魚市場は3日間開く。

最終更新:4月18日(木) 9時29分

新着記事