石巻日日新聞

石巻好文館弓道部 千葉さん 創部初 東北頂点射止める

正射必中で次は全国へ

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 2018年12月4日(火) 17時55分
創部初の東北王者に輝いた千葉さん

 石巻好文館高校弓道部2年生の千葉晴香さん(17)=桃生中出身=が、11月23日に青森県内であった「第37回東北高校弓道選抜大会」の個人戦に宮城県代表として出場し、東北6県の強豪を抑えて頂点に立った。さらに射形の美しさが際立つ選手に贈られる射道優秀賞も受賞。同校の前身である旧石巻女子高時代から数えても初の快挙となった。千葉さんは県新人戦でも準優勝しており、24日から岡山県で開幕する全国大会に出場する。

 同校弓道部には、1―2年生男女38人が所属。高校時代から23年間、弓道に打ち込んできた顧問の遠藤広太郎教諭が指導し、〝正射必中〟をモットーに練習に励む。

 千葉さんは同部の中でエース的存在であり、桃生小、中学校時代はソフトボール部の捕手として県大会で優勝を果たした。高校では「新しい挑戦をしたい」と弓道を志し、練習以外も動画サイトで弓道の映像を見るなど常に研究。昇段審査では飛び級で一段への昇段が認められるほど成長した。

 今夏の高校総体では県で準優勝し、インターハイに出場。その後は県の国体選手にも選ばれた。そして11月2―4日に仙台市の県弓道場であった新人大会の個人戦で準優勝。全国大会の切符を獲得し、射道最優秀賞に輝いた。

 そのような中、23日に行われた東北選抜大会はいわば全国大会の前哨戦であり、個人戦には各県の上位2選手計18人が出場。千葉さんは8射中5射で決勝に進み、的中させ続けた人だけが勝ち残るサドンデス形式の決勝では、唯一3連続で的を射止め、同部初の東北選抜大会優勝を成し遂げた。

 夏のインターハイでは初の全国舞台に思うような結果を出すことはできなかったこともあり、2度目の全国は雪辱戦。東北制覇で弾みをつける千葉さんは「決勝進出を目標に結果だけでなく、自分で納得できる射を貫きたい」と見据えていた。

最終更新:2018年12月4日(火) 18時42分
石巻日日新聞を購読する
石巻市 > 石巻好文館高校
次代への軌跡 「少子高齢化による石巻市の人口減少」
平成17年の合併時に17万人いた石巻市の人口は減り続け、今や14万人ほど。東日本大震災の被害の大きい地域の減少が目立つ。しかし、そうでない地域でも町内会など自治会活動の実働を担う人が高齢化し、継続に支障が出てきている。
※執筆担当記者へご意見、ご感想をお寄せください。
企画連載「次代への軌跡」は、地域の今を未来への軌跡の起点としてとらえ、各分野における課題と思われる事象について、記者一人一人が向き合い、読者の皆様と一緒に考えていくきっかけにしていくコーナーです。
働く人が減るということは、稼いだお金を使う人が減ること。つまり、経済が縮小するということだ。商店の経営環境は厳しくなる。企業のもうけが減れば市の税収も減り、行政サービスが低下するおそれもある。補助金が投入される住民バスや路線バスをはじめ、公共交通は現状のままでの維持が困難になってくる。
施策の実績や進ちょくは毎年度に推進会議などが点検、評価。これはあくまで個別の施策の話であって総合戦略が100%達成できたとしても、人口減少が抑制できる保証はどこにもない。市の担当課は「どんな施策が将来につながるのか、とにかくやってみないと分からない」と話す。
そこで重要になるのが、観光客などの交流人口の拡大。そこに住まなくても他から行き来する人が増えれば街は活性化する。昨今注目されるのは、地域や地域の人々と多様に関わる「関係人口」。震災の支援をきっかけにした交流が広がった石巻市は、受け入れを増やす下地がある。
人口減少しても活力あるまちを目指すべきだろう。人が減るということは、一人一人の活躍の場が広がるということ。個人の仕事や学業に専念するばかりでなく、多くの人がまちづくりや身近な地域の活動に参画していくことを提言したい。

新着記事