石巻日日新聞

各地でプレハブ仮設住宅の解体が進む(水押球場団地)

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 10月31日(水) 14時31分

石巻市 仮設住宅入居は2%に 撤去5割超す 来秋までに全団地閉鎖

 東日本大震災から7年7カ月が経過する中、石巻市に最大134団地7153戸が建設されたプレハブ応急仮設住宅は、31日までに半数以上の75団地が撤去され、22団地で解体が進む。集約拠点など残る37団地で実際に入居しているのは16団地158戸の141世帯315人。入居率は2%。いずれも住まい再建の道筋がついており、市は来年9月末までにすべての団地を閉鎖する予定だ。

最終更新:10月31日(水) 14時31分

新着記事