石巻日日新聞

日本製紙石巻 全国出場逃す 社会人野球 JABA東北

リードも三回に7失点 決勝進出もあと一歩

石巻市 スポーツ 石巻日日新聞 5月13日(月) 19時10分
日本製紙は二回、2死満塁から主将篠川が走者一掃の三塁打を放ち、一時リードした

 社会人野球の日本選手権出場をかけた第50回JABA東北大会の決勝トーナメントが12日に仙台市民球場であり、日本製紙石巻は決勝に進んだが、リードを守れず日本製鉄鹿島に5―10で敗れた。日本製紙は18日から県予選が始まる都市対抗の出場を目指し、気持ちを切り替える。

 日本製紙は11日の予選リーグでパナソニックに延長十回3―2でサヨナラ勝ちし、3戦全勝で決勝トーナメントに進出。JFE東日本との準決勝も延長十回までもつれたが、4―3で前日に続くサヨナラ勝ちを収めた。

 決勝で日本製紙は、1点を先制された二回表、この回先頭の5番長谷川が右中間への二塁打で出塁すると小野も右前打で続いた。2死後、四球で満塁とし、1番の篠川が左中間へ走者一掃の三塁打を放ち、3―1とした。

 ところが三回裏、相手の先頭打者に四球を与えると、守りのミスも絡んで失点。打者一巡の猛攻を浴び、この回7点を失った。日本製紙は四回に1死満塁の好機を作ったが、内野ゴロの1点のみ。続く五回に適時打で1点を返すなどほぼ毎回走者を出したが、10残塁と攻め切れなかった。

 試合後、前田直樹監督は「四球やエラーが多く、勝つのが難しい試合に自らしてしまった」と反省。1週間後の都市対抗予選へ向け「アウトを確実に取るとか、当たり前のことを当たり前にできる精度を上げていく」と話した。準決勝までの4試合すべてを1点差で勝利してきただけに、「決勝は粘って戦う展開ができなかった」と篠川拓也主将。気持ちを切り替え、「最大の目標である都市対抗の代表に向かって、全員で一つになって戦う」と敗戦を糧にしていく。

▽決勝(12日、仙台市民球場)

▽決勝(12日、仙台市民球場)

最終更新:5月13日(月) 19時10分

新着記事