石巻日日新聞

小中学校で修了式 4月7日まで春休み

思い出いっぱいの1年間

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 3月22日(金) 17時11分
担任から通信表を受け取った(開北小)

 石巻地方の全小中学校で22日、本年度の修了式が行われた。このうち石巻市立開北小学校(庄子信広校長・児童321人)では、児童が1年間の学校生活を振り返り、迎える春休みと新学年に胸を膨らませた。

 修了式は体育館で行われ、卒業生を除く各学年の代表児童に修了証が手渡された。庄子校長は「皆の清々しい表情は、充実した学校生活を過ごせたという達成感であふれている。春休みは交通事故や不審者に気を付け、元気に新学年を迎えてほしい」と呼び掛けた。

 各教室で児童は担任教諭からのねぎらいの言葉とともに修了証を受け取った。岩井瑠那さん(4年)は「1年間、苦手な算数の自主勉強を頑張った」と振り返り、千葉陽太さん(同)は、「国語の成績が上がった。春休みは遊びも勉強も頑張って皆から尊敬される5年生になりたい」と志を語った。

 石巻地方の小中学校の春休みは4月7日まで。始業式は同8日に行われる。

最終更新:3月22日(金) 17時11分
石巻日日新聞を購読する

新着記事