石巻日日新聞

サン・ファン号 後継船4分の1大で復元 年度内に方針決定

VR映像や解体部品展示

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 2月2日(土) 14時22分
4分の1大のイメージ図

 老朽化で2021年以降に解体される復元船「サン・ファン・バウティスタ号」の後継策を話し合う検討委員会は1日、維持管理などを考慮し、4分の1大の繊維強化プラスチック(FRP)で復元する最終案をまとめた。県は来年度から基本計画の策定に向けた作業部会を設け、具現化させていく。後継船の新造を巡っては原寸大と4分の1大の2案が示されていた。

 検討委は亀山紘石巻市長、浅野亨石巻商議所会頭、後藤宗徳石巻観光協会長、西條允敏まちづくりまんぼう社長のほか、県の関係者や有識者ら計11人で構成。後継船は原寸(整備費約11億7500万円)、4分の1大(同約4億5千万円)の2案があり、委員の中でも意見が分かれていた。

 第6回の会合には委員10人が出席。原寸を求める亀山市長、西條社長は「多くの市民が望んでいる」「伝承や教育効果を考えても大きさは重要」と主張。浅野会頭、後藤会長らは「大きさでなく観光全体を考えるべき」「再現度の高い縮小大を整備し、予算を維持費や展示に充てては」と意見。進行役の県を除き、4分の1大が7人、原寸は2人となり、4分の1大を委員会案としてまとめた。

 石巻市では、町内会連合会などから原寸での復元を求める要望が出ていた。亀山市長は「非常に残念。要望が通らず私の努力不足」と話した。浅野会頭は「魅力的な施設になるよう今後の作業部会は人選を含めて検討してほしい」と注文を付けた。

 県によると、サンファン号が係留されている県慶長使節船ミュージアムは、教育的要素を持った文化施設の位置付けだが、今後は観光面も強化して誘客を図る。後継船が4分の1大となっても解体される現船の部品展示や県の記録映像を活用した仮想現実(VR)シアターで原寸大の迫力を補完していく。

 誘客策では海側からの誘導、ミュージアムを軸とした周遊コースの設定、インバウンド(訪日外国人旅行)対策に向けた多言語化標識の整備を検討。県域を越えたPR活動や修学旅行コース化への仕組み作りも視野に入れていく。

 県は年度内に方針決定し、次年度から①誘客②現船解体・再利用③展示リニューアル④後継船整備―に分けた作業部会を設置。今秋までに後継策の基本計画を策定する。

最終更新:2月2日(土) 14時22分
石巻日日新聞を購読する
次代への軌跡 「少子高齢化による石巻市の人口減少」
平成17年の合併時に17万人いた石巻市の人口は減り続け、今や14万人ほど。東日本大震災の被害の大きい地域の減少が目立つ。しかし、そうでない地域でも町内会など自治会活動の実働を担う人が高齢化し、継続に支障が出てきている。
※執筆担当記者へご意見、ご感想をお寄せください。
企画連載「次代への軌跡」は、地域の今を未来への軌跡の起点としてとらえ、各分野における課題と思われる事象について、記者一人一人が向き合い、読者の皆様と一緒に考えていくきっかけにしていくコーナーです。
働く人が減るということは、稼いだお金を使う人が減ること。つまり、経済が縮小するということだ。商店の経営環境は厳しくなる。企業のもうけが減れば市の税収も減り、行政サービスが低下するおそれもある。補助金が投入される住民バスや路線バスをはじめ、公共交通は現状のままでの維持が困難になってくる。
施策の実績や進ちょくは毎年度に推進会議などが点検、評価。これはあくまで個別の施策の話であって総合戦略が100%達成できたとしても、人口減少が抑制できる保証はどこにもない。市の担当課は「どんな施策が将来につながるのか、とにかくやってみないと分からない」と話す。
そこで重要になるのが、観光客などの交流人口の拡大。そこに住まなくても他から行き来する人が増えれば街は活性化する。昨今注目されるのは、地域や地域の人々と多様に関わる「関係人口」。震災の支援をきっかけにした交流が広がった石巻市は、受け入れを増やす下地がある。
人口減少しても活力あるまちを目指すべきだろう。人が減るということは、一人一人の活躍の場が広がるということ。個人の仕事や学業に専念するばかりでなく、多くの人がまちづくりや身近な地域の活動に参画していくことを提言したい。

新着記事