石巻日日新聞

歴史と伝統の「かきあめ」復活 北村のいしかわが再現

あすから6カ所で販売 地元素材にこだわり

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 2018年12月6日(木) 14時11分
「歴史ある石巻の味として、末永く愛してほしい」と話す石川さん

 石巻地方で大正時代から長く親しまれ、東日本大震災の影響で生産を休止していた菓子「かきあめ」が復活した。商標権を受け継ぎ、自家焙煎のコーヒーを販売する(株)いしかわ(石川光晴社長)=石巻市北村=が再生産する。石巻を含む県内産カキを使うなど地元素材にこだわり、1年以上かけて試行錯誤しながら伝統の味を再現した。石川さんは「地域の名物として再び育ってくれれば」と話す。あすから石巻地方と仙台市の6カ所の店頭に並ぶ。

最終更新:2018年12月6日(木) 14時11分
石巻日日新聞を購読する

新着記事

【概要】
石巻地方の新成人の皆さん。おめでとうございます。
Instagramを使って、両親や親戚、知人や恩師、地域への思いを「はたちの誓い」として共有しませんか。

【投稿の方法】
お住まいの地域に応じてハッシュタグ「#石巻成人式」「#東松島成人式」「#女川成人式」を使用し、Instagramに写真を投稿してください。

※本投稿企画は「Instagram」の運営・後援及び支持を受けたものではありません。