石巻日日新聞

コバルトーレ女川 JFL再昇格の道険しく

折り返し過ぎて3位 可能性信じ上の順位へ

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 8月13日(火) 9時01分
JFL昇格への道のり

 JFL(日本フットボールリーグ)への再昇格を目指すコバルトーレ女川。現在、所属する東北社会人サッカーリーグ1部は折り返しを過ぎて全18節のうち10節までを終了した。ここまでの成績は10戦で6勝2分2敗の3位。全国の地域リーグ覇者らと昇格を争う舞台「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ」(全国地域CL)の出場権獲得に求められる東北1部での優勝へは厳しい状況に立たされている。

 東北1部で現在、首位につけるのは圧倒的な資金力からJリーグ参入へ本腰を入れる“フィジカルモンスター”の異名を持ついわきFCで、ここまで8勝2分と無敗の強さを誇る。これに次ぐ2位は昨年覇者のブランデュー弘前FCで7勝2分1敗。コバルトーレはこの2チームを追う展開だ。

 加えて、順位表の上ではコバルトーレが3位となっているが、4位の盛岡ゼブラとの勝ち点差はわずか2であり、盛岡が最下位の秋田FCカンビアーレ戦を未消化であることを鑑みれば、コバルトーレの実質的な順位は4位と言える。

 JFL再昇格のためには、全国9つの地域リーグの覇者など12クラブが集まる全国地域CLで上位2位に入ることが条件となる。コバルトーレは2017シーズンに東北覇者として出場し、1次ラウンドを2位のワイルドカード枠で突破。決勝ラウンドでは3戦全勝(PK戦含む)で優勝し、初のJFL昇格を勝ち取った。

 この全国地域CLの出場権を得る方法は大きく分けて2つある。一つは所属する地域リーグでの優勝(計9枠)。そしてもう一つは各地域予選を突破した全国の社会人クラブがトーナメント戦で争う「全国社会人サッカー選手権大会」(全社)でベスト4に入ること(上限3枠)である。だが、コバルトーレは全社の地域予選で敗退し、本戦出場を逃しており、残された道は東北1部での優勝のみだ。

 一方、リーグ優勝への道が険しくなる中、他力本願での全国地域CL出場の可能性もわずかだがある。それが全社のベスト4にリーグ覇者クラブが2チーム以上進出することで出場枠が余った場合に適応される輪番枠だ。2019シーズンは東北が最優先の年となっており、これが適応された場合、仮にリーグ順位が2位でも全国地域CLに出場できることとなる。

 最後まで何が起こるか分からないのがサッカーの醍醐味。コバルトーレが再び奇跡をつかむためには、リーグ戦で残された8試合を一戦一戦全力で戦い抜き、勝利を積み重ねていくしかない。最後の1試合まで、試合終了のホイッスルが鳴る最後の1分1秒までひたむきにゴールを目指すことが来季への、そしてJFL再昇格への唯一の道となる。

最終更新:8月13日(火) 9時02分

新着記事