石巻日日新聞

石巻地方中学校で卒業式 山下中 83人巣立ちの春

りりしさと感謝の涙

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 3月8日(金) 17時47分
思いを込めた合唱で保護者や教職員に感謝を伝えた

 石巻地方のほとんどの中学校で8日、卒業式が行われた。このうち石巻市立山下中学校では3年生83人がりりしい表情とともに、感謝の涙を流しながら3年間の思い出が詰まった学び舎を巣立った。

 式では青山博之校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与。式辞では本年度で定年を迎える青山校長が、自らが送り出す最後の卒業生を前に「私の教員人生で1番の思い出に残る最高に自慢できる生徒たち。いつまでも輝き続けてほしい」と声を詰まらせ、激励した。

 その後、在校生を代表して生徒会長の後藤広樹さん(2年)が「より良い山下中を築き上げるために新たな道を拓き、さらなる高みへ取り組んでいく」と送辞を述べた。

 卒業生で前生徒会長の吉田裕翔さん(3年)は答辞で「こうして胸を張って卒業できるのはここにいる皆さんのおかげ。平成最後の山下中の卒業生として、新たな時代を担えるように成長していきたい」と決意を語った。

 退場前は卒業生が保護者や教職員への感謝のメッセージとともに思いを詰め込んだ合唱を披露。涙をぬぐいながらも最後まで気持ちを込めて歌い切り、会場は温かな感動に包まれていた。

タグ:山下中学校
最終更新:5月12日(日) 16時56分

新着記事