石巻日日新聞

赤井遺跡 新たに材木塀や溝跡発見 蝦夷から守る防御柵と確定

第47次川前 地区発掘調査

東松島市 教育・文化 石巻日日新聞 2017年12月15日(金) 19時11分
広大な遺跡の周辺を囲む木材塀跡や溝跡が見つかった赤井遺跡

 東松島市教育委員会は14日、赤井遺跡の第47次川前地区発掘調査成果の報道説明会を開いた。遺跡南東側の川前地区で、遺跡を囲む防御施設とみられる材木塀や溝跡などが見つかり、「蝦夷(えみし)の反乱に対する軍事施設『牡鹿柵(おしかのさく)』の機能を持った遺跡であることが明らかになった」と発表した。16日午前11時―正午には解説付きの現地説明会、17日午前10時―午後3時には遺跡見学会を行う。

最終更新:2017年12月15日(金) 19時11分
石巻日日新聞を購読する

新着記事