石巻日日新聞

石巻市 副市長2人体制へ 佐藤復興審議監を起用

27日 市議会に追加提案

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 6月19日(月) 14時37分 配信
佐藤茂宗復興担当審議監

 石巻市は総務省から採用した佐藤茂宗復興担当審議監(42)を副市長に充てることとし、開会中の市議会定例会の最終日となる27日に追加提案する。同意が得られれば7月1日付で就任し、菅原秀幸副市長(66)と2人体制になる。任期は4年間。

 佐藤審議監は秋田県横手市出身。東京大学農学部卒で、民間会社を経て総務省に入省した。内閣府のほか北海道総務部財政課主事や青森県総務部市町村振興課長、神戸市行財政局財務部長など地方行政機関にも赴任し、総務省自治行政局公務員部公務員課給与能率推進課長補佐を経て昨年6月17日付で現職に着任した。

 同じく同省からの採用で、平成24年2月1日から昨年6月10日まで副市長を務めた笹野健氏の実質的な後任。佐藤氏は復興担当審議監として国とのパイプ役であるとともに、重要施策の統括や行政運営の総合調整に尽力してきた。

 亀山紘市長は32年度までの復興基本計画の完遂へ向け、3選を果たした市長選後の記者会見で、副市長を2人体制に戻す意向を示していた。

 追加議案はほか6件で、消防ポンプ自動車の財産取得や公平委員会委員など。定例会は21日から一般質問となり、20人が通告している。

最終更新:6月19日(月) 14時37分

新着記事