石巻日日新聞

県議会全協で方針を伝えた村井知事。一時立て替えも「市が負担すべき」と強調

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 10月19日(土) 8時49分

大川小訴訟 県全協説明 20億円余賠償金立て替え 石巻市に分割返済提案 選挙で専決処分も視野

 東日本大震災の津波で多くの児童が犠牲になった石巻市立大川小学校の遺族による訴訟で、最高裁判決により市と県の賠償が確定したのを受けて村井嘉浩知事は17日、県が賠償金を立て替え、市が分割で全額を返済する方針を県議会議員全員協議会(全協)で説明した。立て替えるのは賠償金約14億3千万円と遅延損害金合わせて約20億6千万円。村井知事はあくまで「市が負担すべき」と強調した。県議会は選挙期間となるため、専決処分による予算措置を視野に、原告へ速やかに支払う考えを示した。

最終更新:10月19日(土) 8時49分

新着記事