石巻日日新聞

石巻市を象徴する旧北上川の中瀬を日和山公園から望む。多くの人がこの場所から震災犠牲者に哀悼を捧げ、石巻市の復興状況を目にしている

石巻市 社会 石巻日日新聞 7月3日(水) 18時51分

紙齢つないで3万号 情報過多の時代こそ「新聞」 地域の話題これからも

 石巻日日新聞社(近江弘一社長)が発行する日刊夕刊紙「石巻日日新聞」は3日、紙齢3万号を迎えた。紙齢は1面左上の欄外に記載されている通算発行号数。大正元年の創刊以来、戦争と不況を潜り抜け、東日本大震災では発行危機に陥ったが、手書きの壁新聞を作って情報を届け続けた。幾多の困難の中でも紙齢を途切れさせなかったのは、新聞人としての使命に他ならない。今や情報過多な時代であり、どの情報に頼るのかは重要。石巻日日新聞はこれからもきめ細かな取材と正確さ、地域に根差した話題を提供し、愛する地域を未来の笑顔につなげていく。

最終更新:7月3日(水) 18時51分

新着記事