石巻日日新聞

灯籠で〝3・11〟の文字を浮かばせた(午後6時10分ごろ)

石巻市 社会 石巻日日新聞 3月12日(月) 17時50分

東日本 大震災 から7年 あせぬ記憶、募るいとしさ

 大津波が多くの犠牲者を出し、残された人の生活を一変させた東日本大震災から11日で7年。石巻地方の各地では行政主催の追悼式や市民による行事が行われ、発災時刻の午後2時46分に前後して黙とうや祈りの言葉が捧げられた。祭壇に花を手向ける人、海に向かって手を合わせる人。復興事業で古里の風景が変わりゆく中、人々は目を閉じてありし日の大切な人の姿を思い浮かべ、「忘れない」「前向きに生きる」、そんな変わらぬ決意を抱いていた。

最終更新:3月12日(月) 17時50分

新着記事