石巻日日新聞

ほやキャンディー発売 合同会社カイタク開発

口の中は豊かな海の香

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 10月28日(月) 8時53分
発売開始した「ほやをキャンディーにしました」

 地域商品の開発を進める石巻市大街道南の合同会社カイタク(山野目真悟代表)は、新商品「ほやをキャンディーにしました」を発表した。仙台駅エスパル地下1階のみやぎ水産の日アンテナショップで販売しており、ホヤの風味が香る変わり種のあめ。石巻市の特産品の認知度向上につなげたい考えだ。

 手軽にホヤに親しんでもらうため、キャンディーに着目したアイデア品。県内企業の協力で粉末に加工した県産ホヤを昔ながらの素朴な味わいのあめに練り込んだ。口の中で時間が経つにつれてホヤ独特の風味を強く感じるようになっている。

 包装紙の裏面には産地や生態など「ほやほや学会」監修のホヤの豆知識を掲載。土産物などでホヤの味に触れてもらうほか、知識の広がりも狙った。

 1袋12粒入りで税抜き400円。同社は「発売前からSNSでも話題になった。県内企業がコラボした新たな土産品、アンテナショップの人気商品に育てていきたい」とアピールしている。問合せは同社(24―6529)。

最終更新:10月28日(月) 8時53分

新着記事