石巻日日新聞

東松島市 23日から罹災証明受付

浸水粗大ごみも対応

東松島市 政治・経済 石巻日日新聞 10月19日(土) 8時54分

 東松島市は災害救助法の適用を受け、23日から台風被害に伴う罹災、被災証明書の申請受付を始める。浸水した粗大ごみ(大型家電など除く)の処分は鳴瀬一般廃棄物処分場で受け付けている。浸水箇所の消毒用消石灰の無料配布は、市役所で行っている。

 罹災証明書は福祉課生活再建支援班で受け付け、被災家屋の調査を行う。一部損壊、半壊、全壊などの被害程度を認定した上で罹災証明書を発行する。また住家被害の相談窓口も開設している。

 倉庫や納屋など住家以外の不動産、自動車や家財などの動産は被災証明書となり、防災課危機対策班で受け付ける。災害ごみと消石灰無料配布は環境課環境班が対応する。

 粗大ごみの処分は鳴瀬一般廃棄物処分場で受け付けているが、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンの5品目と事業系廃棄物は対象外。消石灰の配布は同班で行っている。

最終更新:10月19日(土) 8時54分

新着記事