石巻日日新聞

オルレ奥松島開設1周年 国内外延べ1万人利用

韓国からトレッキング

東松島市 スポーツ 石巻日日新聞 10月5日(土) 8時35分
参加者が記念のトレッキングに出発した

 昨年10月に開設した東松島市の「宮城オルレ奥松島コース」の1周年を記念したセレモニーが9月29日、宮戸地区復興再生多目的施設あおみなで開かれた。県、市の関係者のほか、オルレ発祥の地である韓国からも来賓と参加者が出席。節目を祝ったトレッキングに臨み、改めて奥松島の雄大な自然の魅力を肌で感じた。

 奥松島コースは開設から1年間で約1万人が利用。式典で渥美巖市長は「1周年はこの上ない喜び。今後も県内トップのコースにしていく」とあいさつし、利便性向上へあおみな前に横断歩道を整備したほか、新たな駐車場の設置も進めていることを伝えた。

 また、韓国から祝いに訪れた社団法人済州オルレの安殷周(アン・ウンジュ)常任理事も「皆に愛されたことでこのコースも1年前よりいっそうきれいになっている。今後も楽しんで歩くことで美しいコースとなってほしい」と激励した。

 韓国や県内外から訪れた参加者は早速、トレッキングに出発。1周年記念で馬と一緒に歩く「ホーストレッキング」や、コースの途中での特産品のふるまいも楽しんだ。

最終更新:10月5日(土) 8時35分

新着記事