石巻日日新聞

石巻市議会定例会 今夏は冷風扇で代替え

小中校エアコン整備

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 6月8日(土) 14時14分

 石巻市議会は7日の本会議で、本年度一般会計補正予算案や条例案などを審議した。昨年の猛暑を受けた小中学校のエアコン整備の状況がただされ、市教育委は設置が間に合わない今夏の代替措置とし、保健室に冷風扇を導入して7月に稼働させることを示した。

 エアコン整備は市内小中52校を6ブロックに分けた詳細設計を行っている途中で、来夏に間に合うよう11月ごろから順次、設置工事を発注する予定。基本的に地元発注を考えている。ただし、全国で同時期に進められるため、設置に時間を要する心配があり、市当局は「実施設計の段階からメーカーと協議したい」とした。

 また、震災遺構として部分保存する旧門脇小校舎の整備費を巡る質疑もあった。今夏にも一部解体工事に入る予定だが、地元有志から全部の保存が要望されている。

 市議は「結論を今出さないといけないのか」と問い、市当局は「丁寧に議論を積み上げており、伝承のためにも形にすべき時期と考えている」と答弁。亀山紘市長は「一部保存であっても全体保存に負けない震災遺構になる」と述べた。

 本会議では、震災遺構整備費が盛り込まれた補正予算案など11議案を委員会付託。(仮称)防災マリーナ整備工事の請負契約など25議案を可決した。

最終更新:6月8日(土) 14時14分

新着記事