石巻日日新聞

きょうは「穀雨」 若生工業 庭園一般開放

桜とチューリップ共演

石巻市 社会 石巻日日新聞 4月20日(土) 18時13分
7千本のチューリップに子どもたちも笑顔

 きょう20日は二十四節気の一つ「穀雨(こくう)」。春の雨が田畑を潤す時期とされる。一方でこの日の石巻地方は朝から春らしい爽やかな晴天となり、石巻市では正午までに最高気温12.7度(10時33分)とほぼ平年並み。満開で見頃を迎えた桜の花見をはじめ、お出掛け日和の陽気となった。

 そうした中、石巻市清水町の若生工業(株)(若生保彦社長)の庭園でも白や黄色、赤などの7千本以上のチューリップが咲きそろい、満開の桜と共演。透き通る青空に色とりどりの花びらが一層鮮やかに映えている。

 庭園は一般にも開放されており、この日の午前中には地域住民を対象とした写真教室も開催。蛇田小5年の村松玲里さん(10)は「桜とチューリップが一緒に咲いていてとってもきれい」と季節の花々に囲まれて笑顔を弾かせていた。

 仙台管区気象台によると石巻地方の向こう一週間は、期間のはじめは高気圧に覆われて晴れるが、その後は曇りで雨の降る日もある見込み。最高・最低気温はともに平年並みか高く、期間の中頃はかなり高い予報となっている。

最終更新:4月20日(土) 18時13分

新着記事