石巻日日新聞

矢本はなぶさ幼稚園 華の園でダンスなど披露

いつまでもお元気で

東松島市 教育・文化 石巻日日新聞 2月11日(月) 13時58分
元気な踊りを披露する園児たち

 東松島市赤井の矢本はなぶさ幼稚園(山田元郎園長・園児176人)の年長児60人は6日、特別養護老人ホーム華の園(高橋恵美子園長)を訪れ、童謡やダンス、ハンドベル演奏を披露した。

 同園では、25年前から地域の高齢者とふれあう機会を設けている。この日は、入所者約70人の前で昨年12月に市コミュニティセンターで開かれた「クリスマスお遊戯会」の演目を再現した。

 童謡は「小鳥のうた」「あめふり」「どんぐりころころ」「いとまき」をメドレー形式で元気に歌い、入所者も手拍子を送りながら一緒に口ずさんだ。かわいらしい衣装で着飾った遊戯では、ディズニーソングに合わせてダンス。ハンドベルでは息の合った演奏で心地よい音色を届けた。

 その後、園児は「いつまでも元気でいてください」と声をそろえて呼びかけ、代表園児がイノシシ風のダルマを描いた絵画パネルと花束を手渡した。華の園からは袋いっぱいの菓子が渡され、園児は大喜び。入所者は「めんこいねぇ」「また来てね」などと語り、目を細めていた。

最終更新:2月11日(月) 13時58分

新着記事