石巻日日新聞

石巻地区団出初式 旧北上川に放水アーチ

6年ぶりまちなか開催

石巻市 社会 石巻日日新聞 1月5日(土) 14時24分
放水と虹のアーチで地域の無火災を祈願した

 平成31年石巻市消防団石巻地区団出初式が3日、中央・門脇地区で開かれた。同地区での実施は25年以来6年ぶり。11分団から団員251人が参加し、分列行進や旧北上川に向けた一斉放水などで地域の無火災、無災害を祈願した。

 開会式は石巻小学校校庭であり、殉職団員に対する黙とうや人員報告後、後藤嘉則地区団長や和泉博章市総務部長が各団員の服装や隊列を確認する観閲を行った。

 分列行進はラッパ隊の演奏に合わせ、石巻小から中央一丁目を通り、広小路までの約300メートルを歩いた。消防車両を先頭に団員らが統率の取れた行進を披露。復興住宅のベランダから見学する住民もいた。

 一斉放水では、消防車両10台がサイレンを鳴らし、旧石巻港湾病院前の空き地から一斉に旧北上川に向けて放水。高々と上がった水のアーチに虹もかかり、見物者から歓声が上がった。

 後藤団長は「私たちの使命は火災や地震などの自然災害から市民の生命や財産を守ること。諸先輩の伝統と実績を受け継ぎ、新たな時代にも対応できるよう石巻の消防人として訓練していきたい」と語っていた。

最終更新:1月5日(土) 14時24分

新着記事