石巻日日新聞

石巻バイパス 大瓜工区が開通 圏域振興担う東西交通軸

石巻、女川間11分短縮 約10年の住民悲願結実

広域 政治・経済 石巻日日新聞 11月17日(土) 16時11分
稲井小学校の鼓笛隊を先頭にパレードが行われた

 三陸自動車道と女川町など牡鹿半島を最短で結ぶ幹線道路・緊急輸送道路として県が整備を進めてきた一般国道398号石巻バイパス(石巻北部バイパス)は17日、大瓜工区の約3.4キロが開通した。開通式では亀山紘市長や地元選出の国会議員、県議会議員らがテープカットし、くす玉を開披。地域待望の東西交通軸の形成を祝い、圏域のさらなる振興に期待を込めた。

最終更新:11月17日(土) 16時11分
石巻日日新聞を購読する

新着記事