石巻日日新聞

航空自衛隊松島基地 新春の大空を飛行初め

ブルー、F2が訓練開始

東松島市 社会 石巻日日新聞 1月10日(水) 15時09分
大空に飛び立つブルーインパルス

 東松島市矢本の航空自衛隊松島基地(松尾洋介司令)で9日、飛行初めがあり、T4ブルーインパルスとF2戦闘機が新春の大空に飛び立った。

 飛行訓練は12月22日以来18日ぶり。午後1時半ごろ6機のブルーインパルスが滑走路を飛び立ち、金華山沖上空で訓練を行った。この日は、操縦士たちが遠心力や重力に体を慣らしながら飛行機の調子を確認するための訓練が中心となり、曲技飛行は行わなかった。また同日はF2も三陸沖で訓練を行った。

 松尾司令は「今年も飛行安全に万全を尽くすとともに、震災から復興した松島基地を次のステージへと導いていくべく、各種任務にまい進していく」とコメントを出した。

最終更新:1月10日(水) 18時43分

新着記事