石巻日日新聞

3学期がスタート 目標持って学年のまとめ

蛇田小 あいさつの虹を作ろう

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 1月9日(火) 14時48分
宿題の書き初めを掲げる児童たち(蛇田小5年2組)

 石巻地方のほとんどの小中高校で9日、3学期の始業式が行われた。家族とクリスマスや正月を楽しみ、冬休みの宿題に取り組んだ子どもたちの元気な声が校舎に響いた。

 このうち石巻地方で最も多い児童が通う石巻市立蛇田小学校(児童789人)の始業式では、阿部清司校長が「勉強や運動など目当てを持ってスタートし、少しでも達成できるように頑張りましょう」と呼び掛けた。

 児童を代表し3年の後藤花音さんが「縄跳びの練習をして二重跳びをやりたい」、5年の高橋杏実さんは「鼓笛隊の練習をして6年生からしっかりバトンを受け継ぐ」と目標を発表した。

 その後、各教室に戻った児童たちは、久しぶりに顔を合わせた友達と年末年始の思い出を語り合い、宿題の成果も見せ合っていた。

 同校では全校の取り組みとして15―19日に「あいさつの虹を作ろう運動」を実施。元気なあいさつなどをした児童にカラフルなハートのカードが贈られるもので、そのカードに名前を書いて廊下に張り出し、あいさつの虹を完成させていく。

タグ:蛇田小学校
最終更新:1月9日(火) 16時23分
石巻市 > 蛇田小学校

新着記事