石巻日日新聞

石巻郵便局 年賀はがき搬入 早くも新年への準備開始

11月1日から一斉販売

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 10月13日(金) 20時31分 配信
年賀はがきを局員のチームプレーで次々と搬入していった

 石巻郵便局(髙橋茂男局長)=石巻市南中里=に13日朝、平成30年用年賀はがきが搬入された。来年の干支である戌(いぬ)の絵が入ったものもあり、早くも新年へ向けた準備が始まった。各郵便局などで11月1日から一斉に販売開始となる。

 この日、搬入された年賀はがきは、1箱4千枚入りが449箱で計179万6千枚。局員らが連携してトラックの荷台から大量のはがきを局舎内に運び入れた。

 その後、同局をはじめ石巻市、東松島市、女川町、南三陸町内の各局に振り分けた。これに気仙沼市や登米市を加えた宮城東部エリアの目標販売枚数は昨年と同程度の541万8千枚。石巻郵便局では84万3千枚を目指す。

 はがきは無地のほか、ディズニーキャラクターやハローキティの絵つきが例年人気を集めている。また、社会貢献の助成に使われる寄付金付きもある。価格は52―62円。郵便料金は今年6月に値上げされたが、年賀はがきに関しては据え置かれている。

 年賀はがきの引き受けは12月14日からスタートする。

最終更新:10月13日(金) 20時31分
石巻市 > 石巻郵便局

新着記事