石巻日日新聞

石日杯親善ゲートボール大会 雷神が全勝で大会制覇

前回王者の青葉は2位に

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 9月14日(木) 18時09分 配信
優勝杯を手にした1位の雷神

 第26回石日杯親善ゲートボール大会は13日に石巻市小船越の追波川河川運動公園であり、「雷神」=石巻市石巻地区=が全試合を制し、栄光の優勝杯を手にした。準優勝は「青葉」=同=、3位は「井内」=同=となり、上位を石巻地区のチームが独占した。

 大会は石巻日日新聞社が主催し、石巻市ゲートボール協会が主管。石巻地方を中心に16チームの計約80人が参加した。試合は3ブロックに分かれ、1チーム4試合の総当たり戦で競い、最終順位は得失点差などの総合点数で決めた。

 優勝の「雷神」は出場チームの中で唯一の全勝を果たすなど強さを見せつけた。主将の黒須りき子さん(74)は「楽しくできたのが何より。団結して狙ったところに球を運ぶことができた。仲良く明るく今後も競技を続けていきたい」と話していた。

昨年に続く上位入賞となった準優勝の青葉
昨年に続く上位入賞となった準優勝の青葉

 2位の青葉は前回大会優勝チームで、今回は総合点数で3位と1点の僅差で勝利。主将の千葉勝吉さん(90)は「2年連続での入賞はチームワークのおかげ。来年に向けて、まずは皆が健康でいられるように心がけていく」と語っていた。

 なお、上位入賞チームを除く各コートの最優秀成績チームをたたえるコート賞は「東和クラブ」=登米市=、「川の上」=河北地区=、「和渕」=河南地区=に贈られた。

最終更新:9月14日(木) 18時09分
石巻市 > 追波川河川運動公園

新着記事