石巻日日新聞

JA産直市 お盆準備の食材ずらり

切り花や和牛早々売り切れ

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 8月11日(金) 15時02分 配信
流し麦とろ麺は子どもたちに大人気。口いっぱいに頬張った

 JAいしのまきの「第25回産直市」が山の日の11日、石巻市蛇田の西農業倉庫前で開かれた。盆を前に里と海の旬の幸が特価販売され、多くの来場者でにぎわった。

 地場産品の消費拡大を目的に震災後に復興市として始まり、2カ月に1回のペースで定期的に行われている。その時季の旬の食材などが特価で販売されるため人気イベントとなっている。

 今回は盆用の切花を1束500円で900束販売したところ、開始30分で売り切れる大盛況ぶり。県内産黒毛和牛も1時間で完売となった。また、お楽しみ企画もあり、スイカの種飛ばし大会では優勝者に大玉スイカ1玉が贈られたほか、流しそうめんならぬ“流し麦とろ麺”などの趣向を凝らした催しでにぎわいを見せていた。

 種飛ばし大会に参加した川田丈一郎君(赤井小4年)は「思っていたよりも種が飛んで記録は伸びたけど、優勝できなかったのが悔しい」と真剣勝負を楽しんだ。

最終更新:8月12日(土) 11時12分
石巻市 > 西農業倉庫

新着記事