石巻日日新聞

コバルトーレ女川 天王山制し首位浮上

6連勝の富士クラブ撃破 ベテラン両エースが気迫のゴール

女川町 スポーツ 石巻日日新聞 6月19日(月) 15時31分 配信
主将成田(中央)が待望の先制点をねじ込み歓喜に沸いた

 東北社会人サッカーリーグ1部第7節が18日にあり、5勝1分の2位につけるコバルトーレ女川は、開幕6連勝で首位に立つ富士クラブ2003=岩手県花巻市=との首位決戦に臨んだ。コバルトーレはスコアレスで迎えた終盤、主将成田星矢とエース吉田圭が気迫のゴールを奪い、2―0で勝利。無敗の首位に躍り出た。

 コバルトーレは前半、富士クラブの前線からプレスに苦戦し、攻めあぐねた。サイド攻撃が機能せず、ロングボールを中心に仕掛けるが堅い守備を前に決定機を欠いた。32分にMF畑中秀斗が相手ゴール付近でボールを奪い、吉田に渡るもシュートはGKの正面。0―0のスコアレスで前半を折り返した。

 シュートの意識を高めようと気持ちを切り替えて臨んだ後半、コバルトーレは持ち味のパスサッカーが息を吹き返してゴールに迫った。しかし12分には、自陣でのパスミスからカウンターを仕掛けられ、一転してGK近嵐大地と相手MFが一対一となる窮地に。だが、相手が放ったシュートを近嵐が右脚一本で止めるスーパーセーブでチームを救った。

 このまま同点かと思われた終盤、勝利への執念を見せたのはともにベテランの主将成田とエース吉田だった。32分、成田が相手陣の右サイドでパスを受けてドリブルを選択。そのままゴールへ迫り、立ちはだかる相手GKの股を抜く豪快な一撃で均衡を破った。その後の36分には相手主将がこの日2枚目の警告で退場。数的有利となる中、39分には畑中の右サイドのコーナーキックに走り込んだ吉田が頭で合わせ、追加点で勝利を決定づけた。

吉田選手がコーナーキックに頭で合わせて試合を決めた
吉田選手がコーナーキックに頭で合わせて試合を決めた

 この結果、コバルトーレは開幕からの無敗を維持し、6勝1分の首位に浮上。先制点を決めた成田選手は「首位をキープしてこのまま勝ち続ける」と語り、阿部裕二監督は「苦しい試合だったが、両エースがやってくれた。これで首位だが、全18節のうちまだ7節が終わったに過ぎない。これからも一戦一戦を大事に戦いたい」と気を引き締めた。

【次節の対戦】
東北社会人リーグ1部 第8節

VS FCガンジュ岩手(岩手県盛岡市・4位)

25日(日)11:00キックオフ

会場:岩手県営運動公園サッカー場(アウェー)

観戦無料

最終更新:6月19日(月) 15時31分
女川町 > 女川運動公園第2多目的運動場

新着記事